金属のない入れ歯

アレルギー対策の入れ歯

入れ歯のアレルギーによる皮膚炎

入れ歯を使い始めて、それに使われている材質に金属アレルギーを起こし、皮膚炎を発症させることがあります。多くの歯科医は、事前にアレルギーについての問診や検査をおこないます。これまでに特別な反応を示したことがなければ、所定の金属を使って入れ歯を作ります。ただ、実際に使い始めてみると、時間の経過とともに馴染ませることが難しい事態も起こりえます。皮膚炎の症状は、主には口元周辺にあらわれますが、その他の部位に派生することもあります。最終的には、できるだけ反応を起こしにくい材質に変更して再発を防ぐことになります。

金属アレルギーでも使える入れ歯

部分入れ歯は、残った歯に金属のバネに引っ掛けて固定します。このバネは欠かすことができませんが、金属アレルギーのある患者さんには使用が難しいです。そこで、やわらかい素材のシリコンや樹脂などを全面に使い、金属を一切使用しない部分入れ歯が登場しました。歯と歯の間に樹脂が入ることで固定するような仕組みなので、今までの固定法とは大きく異なります。金属アレルギーで今まで治療法が限られていた患者さんでも、新しい治療で治せるようになり、選択の幅が広がりました。噛む機能だけでなく、見た目も改善することができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金属アレルギーと入れ歯 All rights reserved