アレルギーと入れ歯で

アレルギーで入れ歯の人は

アレルギーで入れ歯の人は相談

入れ歯をしなければいけないのに金属アレルギーがあるという人は歯科医師に相談してみてください。従来の一般的なものは金属のバネを使っていたのでそういう人は使うことができませんでした。しかし近年ノンクラスプデンチャーと呼ばれる方法ができました。これは金属のバネを使っていないので、金属アレルギーの人でも安心な方法です。この入れ歯は弾性があって強度も高いので装着したときに違和感がなく、壊れにくい上に目だたないというメリットがあります。材質同士のつなぎ目もほとんどないので、掃除がしやすくなり、いつでも清潔な状態を保てます。

金属アレルギーの方は要注意

金属アレルギーというと皮膚に直接接している場合をイメージする方も多いと思います。たとえば、ネックレスとかピアスに気を付けるといったイメージでしょうか。実は歯の治療ではさまざまな金属が使われます。一般に銀歯とよばれている歯のかぶせ物については金属をイメージされているかもしれませんが、それ以外にも使われているケースがあります。例えば入れ歯がそうです。入れ歯の場合、歯の部分は白くなっているので、見た目は金属のイメージはないかもしれませんが、装着のための金具や補強のための金属が使われている場合があります。そのわずかな金属が反応を起こす場合もあるのです。アレルギーのある方は事前に歯科医師に相談しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金属アレルギーと入れ歯 All rights reserved